ヒルトライン 1 8システムキット SALE 91%OFF 激安先着 4 PT1 0GS-14PT

ヒルトライン 1/8システムキット PT1/4 0GS-14PT

18705円 ヒルトライン 1/8システムキット PT1/4 0GS-14PT DIY、工具 業務、産業用 製造、工場用 PT1/4,0GS-14PT,/daira1040477.html,18705円,ヒルトライン,1/8システムキット,DIY、工具 , 業務、産業用 , 製造、工場用,collajio.com PT1/4,0GS-14PT,/daira1040477.html,18705円,ヒルトライン,1/8システムキット,DIY、工具 , 業務、産業用 , 製造、工場用,collajio.com ヒルトライン 1 8システムキット 【SALE/91%OFF】 4 PT1 0GS-14PT 18705円 ヒルトライン 1/8システムキット PT1/4 0GS-14PT DIY、工具 業務、産業用 製造、工場用 ヒルトライン 1 8システムキット 【SALE/91%OFF】 4 PT1 0GS-14PT

18705円

ヒルトライン 1/8システムキット PT1/4 0GS-14PT

【仕様】
●ノズル数:1
●全長(mm):130
●内径(mm):1/8
●ノズル先端穴径:2.0
●呼びサイズ:1/8
●品名:1/8システムキット PT1/4
●ねじ径(mm):PT1/4
●最大使用圧力(MPa):5
●最小円弧直径(mm):62
●折り曲げ最小半径(mm):31
●適応流体:アセトン、アンモニア水、飲料水、エタノール、エチルエーテル、ガソリン、硝酸、植物油、水酸化ナトリウム、石油、切削油、灯油、トリクロルエチレン、トルエン、ベンゼン
●流量(L/min):60
●ジョイント:0GE 6個、0GE-25 2個
●コネク
●使用可能温度:−30℃から+100℃
●最高使用圧力(液体)5Mpa
●最高使用流量〜60l/min
●SUS303【セット内容】
●0GE×6個、0GE-25×2個、0AD-14PT×1個、0DU-20×1個、SW-6×1丁、SW-9×1丁
●最高使用圧力と最高使用流量のデータは1/4システムはホース内径φ5.8、1/2システムは丸ノズル先端径φ6.5を使用した場合のデータとなっております。
●適応流体の耐薬品性は、商品の材料そのものの耐薬品性を表すもので本商品の耐薬品性を保証するものではございません。

ヒルトライン 1/8システムキット PT1/4 0GS-14PT

注文から発送までスムーズに対応していただき、ありがとうございました。また機会がありましたら、宜しくお願い致します。
迅速な対応です。機会があればまた購入します。
今回は取引していただきましてありがとうございました。非常に迅速な対応していただき感謝しております。
商品届きました。素早い対応ありがとうございました。とても良いショップです。
  • 真空管ラジオ
    「これをどないかならんか?」ということで、とんでもないものがやって来た。第一印象は、はっきり言って「ボロい」正面左上に「欠け」があるし、スピーカーとダイヤル面を囲む「額縁」の右側縦部分が欠品して、向こう側が見えている。受信方式は5球スーパーで、チューニング用のマジックアイ搭載機だ。真空管のラインナップは、6WC5/6D6/6Z-DH3A/42/12F42のプレート電流を12Fで賄えるのかなという疑問も・・・・・左上は接着が剥...
  • オンキョー M-508
    オンキョーのパワーアンプをつないでオーレックスのプリアンプからのノイズ再現を待っていたら突然パワーアンプの挙動がおかしくなった。一瞬、メーターランプが赤に変わって音が途絶えたと思ったら、すぐに回復。しばらくしたらまた保護回路が作動を繰り返す。その内どのランプもインジケーターも点灯しなくなった。電源を入れ直してもメーターの針が一瞬「ピクッ」とするだけでリレーの作動音も聞こえない。オフセット電圧は問題...
  • TA-F333ESXⅡ 3日目
    旅行から戻って、またまたアンプいじりの日常を楽しむ。CDやAUX入力からの音は問題なさそうなので、場所を移動してPHONO入力でアナログ盤を試聴する。MMカートリッジではご機嫌に鳴っていたが、MCカートリッジのポジションではたまに音が途切れたり歪んだりすることが分かった。S201と印字されたスライドスイッチをメンテする。ハンダの具合を見る限りこれまで取外された様子はない。ハンダを吸取ってスイッチを取出す。カバーを開...
  • TA-F333ESXⅡ 2日目
    オフセット電圧が正常範囲内と思われる数値になっているようなので、電源を入れCDプレーヤーで試聴してみることにする。電源投入後、8秒くらいでリレーの作動音とともに電源ランプが赤から緑に変わった。CDの再生音にも特に問題はなさそうだ。電源スイッチボタンの「P」の字が惜しいなあ・・・オフセット電圧の調整前にアイドリング電流を確認。基板に印字されている数値より1割程度低かったが、左右揃っていたので下手にい...
  • TA-F333ESXⅡ 1日目
    オーレックスのプリアンプとサンスイの907機は相変わらずノイズが出ることもなく動作を続けているし、上杉キットとラックスキットも「完了」したので、お気に入りのソニー機を楽しむことにしよう。現状は電源は入るが保護回路が働くらしい。サイドウッドの状態はこのシリーズ「あるある」でカドに幾つか欠けがあった。フロントパネルには目立つキズはなくまずまず良好な状態かな。内部もホコリの堆積などなく、ちょっとテンション...
  • ラックスキット A501の続き
    動作切換えスイッチのメンテが済んで、アイドリング電流調整ができるようになった。調整は+B電圧の接続部分をカットして、そこに抵抗をつないで両端の電圧を見るらしい。回路図ではAB級動作調整時に10Ωを、A級動作の場合は0.47Ωを使うことになっていた。0.47Ωは手持ちにあったが、10Ω1Wがなかったので5.1Ωを使う。端子にまず5.1Ωを接続し、テスターをつないで電源を入れる。調整用半固定抵抗で回路図中の電圧1.6Vの半分0.8Vにセ...
  • ラックスキット A501
    真空管アンプのメンテが終わったので、次を楽しむことにする。これもキット商品だが、現状動作はしているらしい。配線具合をざっと観察する。かなりきれいな枝ぶりでズブの素人の作業ではなさそうだ。左右のボリュームが新しいように見えるので交換されたものらしい。ココだけはあまりうまくない人が作業したらしくハンダ付けが雑だ。導通に問題はないようだが、一度取外してハンダ付けをやり直しておこう。A級/AB級動作切換用のス...
  • 「ノイズ・・・出ない」その後
    連日、動作させながらノイズの再現を待っているが、きょうはどういうわけかRチャンネルから音が出なくなっていた。パワーアンプ部分の入口までは信号が届いていたので、SEPP出力部分とリレーがつながっているかを確認する。リアパネルを見ると、スピーカー端子が1個傾いていた。ここで信号が途絶えているとは思えないが・・・・・リアパネルを外して、スピーカー端子とリレーが載った基板を取出す。出力部分とリレー間の導通は問...
  • Bros-1 KIT 2日目
    各真空管にかかる電圧はほぼ正常値で、動作も問題ないようだがコンデンサが届いたので交換をやってみる。特にB電圧整流直後の10μF500Vが70℃品だったので耐久性の面でも新品に交換しておいた方がいいだろう。シズキのフィルムコンデンサは現状のものとはリード線の出ている方向が違うので取付には少し工夫が必要になる。コンデンサの交換が済んだので少し低い電圧でコンデンサのエージングから。電源コードを見ると熱で溶けたような...
  • Bros-1 KIT 1日目
    オーレックスのプリアンプとサンスイの907、待てど暮らせどどちらもノイズが出るようなことはなく、時間だけが過ぎていく。きょうは届いたばかりの真空管アンプを楽しむことにした。これもやはり「ハムノイズ」がかなり気になるレベルで出るということらしい。テスト用のスピーカーをつないで電源を入れ、現状の確認から始める。ヒーターの点灯具合を見るために西側窓のブラインドを下す。手前のMT管3本は点灯しているが、その奥...
  • ノイズ・・・出ない
    右チャンネルからノイズが出るということなのだが、きょうも特に何もなくビクター機のパワーアンプ部分につないでみてもそれらしきものは聞こえず・・・RAMSAの業務用機につないでみても空冷ファンの音が聞こえるだけでノイズは出ていない。CDやレコードプレーヤーの音は問題なく楽しむことができる。何日待ってもノイズが聞こえることがないので、次のお楽しみを作業台へ・・・このサンスイ機もやはりノイズが出るというのだが・...
  • オーレックス SY-Λ88Ⅱ
    このプリアンプが届いたのは、今月19日の火曜日。現状、右チャンネルからノイズが出るということで、業務用のパワーアンプとつないで再現を待っているが、一向に症状が出ない。PHONO1に接続したレコードプレーヤーや、AUX入力に接続したCDプレーヤーからはノイズのないきれいな音がずっと出ている。ほぼ2日半、動作させてみたがノイズが聞こえることは一度もなかった。とりあえず作業台に移して内部の観察などをやってみる。「...
  • 桑名銘菓
    旅行から戻った昨日、朝から宅急便が届いた。さっそく開梱して中を確認させてもらう。中には桑名銘菓が2個づつ計8個。あんぷりん氏の好きなものばかりだが、夫婦でもめないように偶数個になっている。「桑名のYさん」今回もおいしいものをありがとうございます。来週も旅行なので、ホテルの部屋でゆっくりいただくことにします。...
  • CA-R11 2日目
    ヘッドホンでCDの音を聴くことができたので、パワーアンプ部分のアイドリング電流を調整する。とりあえず多い方のLチャンネル30mAに合わせておこう。ヘッドホンジャックの様子を見るためにフロントパネルを仮にセットしてみた。パネルと「ツライチ」にはならず少し奥に引っ込んではいるがそれほど違和感はないように思う。トーンコントロールのBASS用ボリュームが少し右に歪んでいる。左から何らかの衝撃があったらしい。内側から...
  • CA-R11 1日目
    ユニバーサルスタジオのホテルで1泊、京セラドーム近くのホテルでさらに一泊して、日常に戻った今日、宅急便が届いた。いろいろ抱えこんでいるが、これを優先することにする。現状は電源スイッチの操作が硬いことと、ヘッドホン使用時に片チャンネルになるらしい。フロントパネル側は目立つキズなどもなく状態は悪くない。立型のつまみが垂直になっていない。ちょっと気になるな。トーンコントロール側のつまみが抜け落ちる。あと...
  • SB-820 2日目
    きょうは「速達郵便」が届いた。速達なんてほとんど見たこともなかったが、今月から料金が安くなったとか・・・封筒の中には取外されたらしいポジスタが入っていた。さっそく例のチェッカーにかけてみる。表示は「Resistor」で抵抗値は136Ω。もう一つは抵抗値が10Ωほど違いがあったが再使用はできそうだ。短すぎるリード線をどうするかだな・・・・・ポジスタが手に入ったので、定電圧電源/保護回路基板のチェックから始めることに...
  • SB-820 1日目
    テクニクスのターンテーブルは快調に回り続けているので、「次」を楽しむ。所有する420の上級機のようだ。既にかなりいじられてるということだが、いつもながら初めての機種をいじるのはワクワクするなあ。ざっと見渡した限りでは目立つサビやキズ、凹みなどもなく状態は悪くない。スピーカー端子は交換されたらしい。(つまみはどうした?)内部を観察するためにボンネットを開けようとしたが、1本のビスが固く締まってなかなかス...
  • 電源ユニット「完了」かな
    注文していた電解コンデンサが届いたので、さっそく基板に取付けることにした。やっぱり秋葉原だなあ・・・・・値段は別にしてとにかく欲しいものがそろう。3個とも105℃品が手に入るとは思ってなかったけれど。コンデンサを取付けて電源を入れてみた。しばらく放置したが、ヒューズが飛ぶようなことはなかったのでうまくいったのかな。一次側の電圧を100ボルトにして、電源の出力電圧をチェック5ボルトと32.5ボルトにセットする...
  • 電源ユニット
    電源ユニットからは正常と思われる電圧が出力されていたため、逆回転の原因がわからず保留中だったが、ヒントをもらったのであらためてチェックし直すことにした。カバーを開けて上側の基板を目視チェック。ヒューズは以前に確認できているので今回はパスしてもいいだろう。コネクターを抜いて下側の基板のパターン面にアクセスする。特にハンダ割れなどは起こっていなかった。テクニクス機だけあって使われているコンデンサは松下...
  • 東京から「甘いもの」
    朝食を済ませて、まったりとしていたら玄関前にトラックの止まった気配。「なんか来た?」「オクサマ」は廊下を「てってってってっ・・・」宅配便を出迎えに出るのはウチ以外あまり多くないのでは・・・・・にんまりとした顔で包みを抱えてリビングに戻ってきた。有名な三越デパートの包み紙ではないか。包装紙を開けると、ロイスダールと読むのかな?こちらではあまりなじみがないな。(あんぷりん氏夫婦だけが知らないのかもしれ...
  • 頂き物のケース
    今回の頂き物は、しっとりとした手触りの白いケース。表面にはあんぷりん氏の似顔のような押し型があった。(パパではないし「腹巻」以外はあまり似ているとは思えないが・・・)裏面にはフジオ.プロの型。本来はメガネケースらしい。ちょうどサングラスが入るサイズだ。「江東区のMさん」、楽しいものをありがとうございました。大事に使わせていただきます。...
  • テクニクス SU-C01 5日目
    きのうに引き続き、きょうも試聴三昧。エア・サプライは「シーサイド・ラブ」を聴く。過ぎゆく夏を惜しむように、ビーチボーイズをありったけ。アネットのピクチャー盤やゴーゴーズのヴァケイションなどなど・・・きょうのローテーション機はクラリオンのプリメインアンプだったので、プリメインを分離してテクニクス機をつないだ。東側の試聴位置ではソニーの業務用機をロングランテスト中。...
  • テクニクス SU-C01 4日目
    きょうはレコードプレーヤーをつないで試聴三昧の日。入力セレクターをMCポジションにして、デノンの「DL-103S」で「ビーチボーイズ」や「エア・サプライ」などを聴く。パワーアンプは業務用機RAMSAを使った。室温が35℃近いと、強制空冷機が安心だ。...
  • テクニクス SU-C01 3日目
    依頼していたコンデンサが東京から届いたので、さっそく交換作業を始めることにした。まずはMCヘッドアンプ用の無極性コンデンサから・・・「お漏らし」ではなさそうだが、黄色っぽい付着物は何だろう。やっぱり松下製のコンデンサはイヤだなあ。気になったので、ちょっと容量を確認してみた。47μFの規格表示が64.97μFを表示したので、不良ではなさそうだった。定電圧電源回路とトーンアンプのコンデンサも交換して作業終了。セレ...
  • テクニクス SU-C01 2日目
    とりあえずコンデンサの交換が終わった。やはり松下製はほとんど緑青が見つかったため、手持ちのある限り105℃品に交換、オレンジ色のコンデンサの代わりにはニチコンのオーディオ用FGを使った。残念なことに電源部の1000μF35Vは手持ち品なし。50ボルト耐圧を使おうと思ったが在庫は1個だけだった。イコライザ回路の出力部には同規格のミューズの無極性コンデンサを使う。ヘッドアンプ部分の無極性コンデンサは手持ちになく未交...
  • テクニクス SU-C01 1日目
    お盆の帰省から戻って、アンプいじりの日常を楽しむ。ソニーの業務用機と同梱されていたプリアンプは現状各ボリュームやセレクターに「ガリ」があるらしい。ざっと見た感じではキズやさびなどなく状態はまずまず良好の部類だ。小型の割にはずっしりと重い。リアパネル側の状態も悪くない。入出力ジャックは全て金メッキでかなり高級な感じ。通常のプリアンプなどとは違って、AUXとOUTPUTの位置関係が逆なのかな。電源を入れる前に...
  • ソニー SRP-P4005 2日目
    入力端子から、UNBAL-BALスイッチ間を細い銅線で結び、確実にハンダ付けした後、導通を確認した。電源を入れる前に、パワーアンプ基板を目視でチェック。ハンダ割れなどは起こっていなかった。パワートランジスタはサンケンの名石「2SA1186/2SC2837」の組合せ。片側2チャンネル分で4ペアということは、パラプッシュプル動作らしい。OランクとYランクの組合せは何か意味があるのかなあ・・・・・ブロックコンデンサは業務用には珍...
  • ソニー SRP-P4005 1日目
    デノンのパワーアンプでは、ちょっと「心が折れた状態」のようになったので気分を変えるために、次を楽しむことにした。ソニーの業務用4チャンネルのパワーアンプで現状は次の通りらしい。CH1 音が途切れることがある。CH2 最初は出ていた音が出なくなってしまった。CH3 まったく音が出ない。CH4 音が出ている。それにしても、きれいなアンプだなあ・・・・・とても1980年代製とは思えないな。リアパネル側も非常にきれい...
  • デノン POA-3000 10日目
    断線していた6φの電源ランプの代わりに緑色の発光ダイオードを使うことにした。ランプ点灯用の電源は交流6ボルトだったので、直列に電流制限用抵抗220Ωと小型のダイオードを入れた。電源を入れて、明るさの確認。左右どちらのパワーアンプブロックも動作することが確認できたので、両チャンネル分をセットしてスピーカーを鳴らしてみる。テストポイントの電圧が左右で少し差があるが、スライダックの電圧を80ボルトほどに上げた...
  • デノン POA-3000 9日目
    Lチャンネル分の基板上の部品を「これでもか」というくらいチェック。わざわざ記事にするほどではない根気勝負が続く・・・・・アイドリング電流の設定もうまくいったようなので、CDプレーヤーとスピーカーを使って音を出してみる。フロントパネルにある電源ランプを引っ張り出してみると、明らかにフィラメントが断線していることが分かった。6φの6ボルト球なんて手持ちにないしなあ・・・5φの発光ダイオードではホルダーか...
  • デノン POA-3000 8日目
    実際に音を出してみたわけではないが、なんとなくRチャンネルはうまくいっているようなのでランプ類の点灯具合をチェックした。「DENON」ランプとサブソニックランプ、メーター照明ランプは点灯しているらしい。上側のゴムのホルダーに入った電源ランプが点灯していない。球切れらしいが、固くはまっているようでホルダーから抜くことができなかった。とりあえずホルダーにシリコーンスプレーを吹いておく。点灯電圧は交流6ボル...
  • デノン POA-3000 7日目
    日曜と月曜の二日間「にっぽんばし」を探し回ったが、同形状のリレーは見つけることができず・・・・・抵抗やハンダ吸取り線、シリコーングリスなどを購入して帰宅した。さっそく定電圧電源/保護回路基板上のコンデンサを交換。パワートランジスタの載った基板とつながっていると思われるトランジスタ2SA970BL/2SC2240BLを取出してチェックしてみる。特に問題があるようなものは見つからなかったが、手持ち品がある限り新品に交換...
  • デノン POA-3000 6日目
    パワートランジスタ取付基板上の抵抗が手に入るまで電源回路のチェックをやってみることにした。この機種は電源オン時のラッシュ電流を避けるためリレーと大型のセメント抵抗が使われている。スライダックを使って徐々に電圧を上げてテストする方法の準備としてリレーの接点をハンダメッキ線で短絡しておく。15アンペアのヒューズのところには安全のため4アンペアヒューズを入れた。スライダックの電圧をコンセント電圧のちょうど...
  • デノン POA-3000 5日目
    きょうもパワートランジスタの取付基板上の抵抗をチェック。ブログに乗せるほどでもない作業が続く。1kΩ1/4Wの抵抗は全て断線状態になっていたが、ただ1個だけ抵抗値が5割増しになっていた。1kΩは手持ちが無くなったことだし、今度の日曜日に「にっぽんばし」で購入することにしよう。役割のよく分からない100Ωはやはりどれも断線が確認できた。1μF100Vの電解コンデンサはもちろん105℃品に交換、トランジスタも手持ちがある限り...
  • 所沢からクール便
    きょうも扇風機のみで空調のない自室でアンプいじり。暑さを飛ばすようにクール便が届いた。「オクサマ」注視の下、さっそく開梱する。中には二人の大好物が入っていた。「東京浅草」だって・・・有名なところなのに、まだ行ったことはないな。都会はいいなあ、おいしいものだらけで・・・・・「所沢のIさん」おいしいものをありがとうございます。アンプいじりの合間に冷たい飲み物とともにいただきます。...
  • デノン POA-3000 4日目
    今月2回目の1泊旅行から戻ってアンプいじりを再開。パワートランジスタが載った基板上の抵抗が断線していたため回路をさかのぼるとシールドケース内のトランジスタにたどり着いた。シールドケース内には2SA1015のYランク品が4個入っていた。チェックの結果、特に不良とは思えなかったが、新品に交換しておく。劣化が予想される電解コンデンサも105℃品に交換する。パワーアンプ基板上の主だった抵抗をチェックしてみた。取付け方...
  • デノン POA-3000 3日目
    hFEがゼロというのも不思議なので、PNPパワートランジスタを全部取出した。一個ずつ測定してみると、2SA1095は5個とも140~150くらいを表示する。特に不良ではないようなので再使用できるだろう。パワートランジスタが再使用できる見通しがたったのでひと安心。放熱用のシリコーングリスを塗り直して放熱器に戻した。そうなると、相方の2SC2565も取外して、1個づつチェックした方がよさそうだ。取外してみると、放熱用のシリコー...
  • デノン POA-3000 2日目
    Rチャンネルのコンデンサは手持ち分だけだが交換が終わったのでとりあえず放熱器に戻すことにした。その前にパターン面を再チェックする。かなり多くのハンダ割れらしい箇所が見つかったので、ひたすらハンダ付けのやり直し作業。Lチャンネル分のパワーアンプブロックを筐体から取出し作業台へ。それにしても汚いな・・・・・Lチャンネル分もとにかくパワートランジスタのチェックを最優先する。基板に取付けたまま例のチェッカ...
  • AU-999 3日目
    オフセット電圧の調整が済んだので、アイドリング電流を調整する。半固定抵抗を新品に交換し、抵抗値をほぼ真ん中にしたにも関わらずアイドリング電流は全く流れず、いわゆる「カットオフ状態」だった。スライダックで電圧を徐々に上げながら調整用の半固定抵抗をまわすとテスターの数値がゼロから動き出した。時間をかけて何度も調整をやり直して、マニュアルにある28~32mAになるようセットする。(0.5Ωのエミッタ抵抗に対して15m...
  • AU-999 2日目
    Lチャンネルは電源供給ラインのヒューズを交換することで動作するようになった。「メンテナンス」という以上は最低、オフセット電圧とアイドリング電流くらいは調整しておく必要があるだろう。Lチャンネルのオフセット電圧は現状3.17ボルトもあって、保護回路があればリレーが作動しないレベルだ。安全のため、調整する前に半固定抵抗を新品に交換する。基板を取出して抵抗値を確認。アイドリング電流調整用が5kΩで、オフセット...
  • AU-999 1日目
    オンキョー機は絶好調、ローランドの業務用機も目途がついたので、オールドサンスイ機で気分を変えてみよう。現状は「片チャンネルから音が出ない」らしい。フロントパネルは「あぶらギッシュ」の上に細かい毛だらけ・・・どうやらペット環境にあったようだ。スピーカー端子も接触不良を疑われたのか、こんなところもびしょ濡れで思いっきり接点復活剤が使われたように見える。電極部には薄っすらと緑青も吹いていた。ボンネットを...
  • デノン POA-3000 1日目
    一泊旅行に連れ出したオンキョー機はそれなりの振動にも耐えたらしくきょうも問題なく音を出し続けている。電源を入れたり切ったりしながら試聴を続ける間、次のお楽しみに取りかかることにした。35キロ超えの重量のため、二階の自室への上げ下ろしが大変だ。本体はリビングに置いたままパーツごとに点検・補修をやってみる。電源一次側の15アンペアヒューズが飛んでいるため、パワートランジスタのショートを疑いチェックしてみる...
  • A-722mKⅡ150 旅に出る
    「完了」したはずなのに、振動が原因で再発したらしい。と、いうことで我が家の一泊旅行に同行してもらうことにした。特に悪路を走行するわけではないが、いちおう後輪の空気圧を正常値に調整して荷室部分に積み込んだ。あえて梱包はせずに毛布一枚で直置きにする。もちろん緩衝材などはなしで。宿泊するホテルはタワー型の立体駐車場なので、「車上荒らし」にあう心配もない。走行中に追突されるような事故もなく、無事に帰宅。さ...
  • A-722mKⅡ150やり直しの続き
    保護回路基板だけでなく、電源基板もコネクターから引き抜いてチェックする。コンデンサは元々はチューブラ型だったらしい。マイナス側のリード線にR28とR37の酸金抵抗2.7kΩが繋げてあった。パターン側から見ると、R37はコンデンサとつながっていないのだが・・・・・動作していたこともあるので、今回はいじらないでおこう。アドバイス頂いたソニーのトランジスタ2SC1124を再チェックする。hFEが143なら問題ない数値だと思えるが...
  • A-722mKⅡ150やり直し
    保護回路基板のリード線がスポッと抜けてしまったことが原因と思いリード線のハンダ付けをやり直した結果、動作するようになったはず。ところが今度はどうしても保護回路が解除しなくなってしまったためやり直すことになった。とりあえずは、両チャンネルのオフセット電圧を確認する。特に問題はないようだが・・・・・基板につながるリード線を外して、コネクターから抜き出し、チェックする必要がありそうだ。もう一度詳しく目視...
  • ローランド SRA-2400 4台目の2日目
    オフセット電圧は異常とは思えない数値だったので、電源電圧をチェックする。パワートランジスタのコレクタ端子で測るにはスペース的にショートさせる可能性が高いためドライバトランジスタのフランジで測った。結果、マイナス側はほぼ正常と思われる電源が確認できたが、プラス側はゼロに近い電圧しか出ていないことが分かった。まずは、ブリッジダイオードに出ている電圧を確認する。W6の印字のある方からプラス、W5がマイナス電...
  • ローランド SRA-2400 4台目の1日目
    ローランド機もこれで4台目。ちょっと飽きてきたかもしれないな。外見上はこれまでの3台よりも状態が落ちるかな・・・・・キャリングハンドルにけっこうキズが多い。フロント側を下に向けて保管されることが多かったのかもしれない。これまで同様に現状確認のためスライダックを使って電源を入れてみた。電源ランプは点灯するが、CLIPランプもPROTECTINONランプも点灯することはなかった。もちろんリレーの作動音も聞こえず。い...
  • ローランド SRA-2400 3台目の続き
    リレーのハンダ面にアクセス。特に交換されたようには見えないが・・・・・カバーを開けて接点の状態を確認してみる。ちょっと焦げたみたいだが、電蝕というほどではなく消しゴムで処置できた。...
  • ローランド SRA-2400 B号機
    A号機は一通りのメンテナンスが終わり、アイドリング電流の調整が済んだので、B号機に取り掛かる。こちらも今のところ「動作機」ということらしい。メンテナンスに取り掛かる前に電源を入れて現状確認。の電圧がAC80ボルトほどでリレーの作動音が聞こえ、プロテクションランプが消灯した。天板を開けて、発熱する二段目部分を観察。稼働時間が短いのか、2SB649Aの黄緑色はあまり変色していないようだ。10μF160Vのコンデンサはやは...
  • またまた神奈川から
    きょうは朝から二階の和室と一階リビングのエアコン工事。アンプが届いたり、「オクサマ」のお気に入りのバラの包みが届いたり・・・工事は職人さん二人に任せて、さっそく包みを解いてみる。その下にもレトロ感が素敵な包み紙が・・・・・中身は缶に入った「ビスカウト」「ビスケット」のことを昔はこのように言っていたのかな?ガス灯のイラストもいいなあ。神奈川のSさん、今回も素敵な都会の香りと味をありがとうございます。...

プロフィール

あんぷりん

ザッセンハウス ザッセンハウス ベルリン ソルトミル SWH 12cm ZAS020403
FK92220 パナソニック B級,A級誘導灯用LED補修用ランプ
キンボシ GS #1353 RG ソイルトロウェルスリム #1353
アサヒペン クリエイティブカラースプレー 300ML 09コロラドグリーン
アラビア(ARABIA) パラティッシ イエロー ティーカップ&ソーサー 280ml 北欧
オレンジブック発注コード:856-2002 8システムキット 50mm ヒルトライン Virax ダクタイル鋳鉄管用パイプカッター替刃 1 210266 1600円 PT1 0GS-14PT 4
スパッタシート 寸法: 1×1(920×920mm) 溶接/不燃 安全対策 #4001S 0.8mm厚 JIS-C種合格品 大阪製作所 [300710]
98円 mm 中 8システムキット ヒルトライン 0GS-14PT 1 外寸 ケーキめん棒 天然木 4 PT1 :φ30×360 φ30×360 材質:天然木 No.169
ハンナ pH標準液(スタンダードタイプ)pH 7.01 @25℃ 証明書付 500mL HI 7007L/C
0GS-14PT 1 29■カナ:トトリノアトリエプラスアーランドノレンキンジュツシ2 PT1 PSVita ヒルトライン トトリのアトリエ 4 8システムキット 11 ■カテゴリ:中古ゲームソフト■機種:PSVita■ジャンル:ロールプレイング■メーカー:ガスト■品番:VLJM35023■発売日:2012 377円 Plus〜アーランドの錬金術士2〜
寺岡製作所 屋外用 防水ブチルテープ 0.5X50mmX5m 不織布タイプ
ヒルトライン 背面 8システムキット 4 液晶画面の汚れやキズ付き 防指紋 プレイステーション 0GS-14PT S ■対応機種ソニー PT1 フィルム 1 OLPSVITA2 低反射 4525443507870商品型番 プラス ホコリからしっかり保護します 1枚■メーカーミヤビックス■JANコード セット 表面 1枚背面用保護シート に対応した映り込みを抑える の保護シート for 商品型番JANコード PCH-2000 低反射タイプ 非光沢 Vita ソニー PlayStation 12 指紋がつきにくく蛍光灯や太陽光の映りこみを低減します OverLay 528円 背面セット ヴィータ ■内容表面用保護シート オーバーレイ Plus
シャプトン 刃の黒幕 クリーム #12000
8システムキット K toshiba ヒルトライン 4 -LS アクセントライト 0GS-14PT アウトドア LED一体型 LEDB87936L PT1 1 表札灯 東芝 2028円
安田工業 単体動噴(プランジャー式動噴) HK-15 動力噴霧機 シB 代引不可
4 仕様 メーカー確認後の出荷となります サーモラベル 30x30mm 40入 特徴 φ8mm 原色→変色:白→黒 1-631-16 サンクアスト 示温エレメント 廃番等の問題が発生しましたらご連絡いたします ※在庫品ではありません 型番:LI-150 40枚入 ご了承願います 1 変色温度:150度 ヒルトライン AS A100602 不可逆性 サイズ:ベース 入数:1箱 確認後欠品 示温エレメントは安定性のある溶融性顔料の融点を利用していますので正確で高精度です 変色精度:+-2度 0GS-14PT PT1 LI-150 アズワン 産業用研究機器 1806円 ONE 8システムキット

主に70~80年代のアンプいじりやってます。
アドバイスなどありましたら、よろしく。

最新情報

月別アーカイブ